2014年07月07日

深夜まで、テレビをガンガン

定年になり、給料は激減です。

と、言いながら、今の会社で、私のやっているようなことができる人間はいません。
その結果、名目上は激減なのですが、実際の手取りは、現在と同じになるよう調整。

年を取ったら、週5日も働くのをよして、夏はベランダの植物を見て過ごし、冬は読書。夏でも、たそがれ時には、ベランダにチェアをだし、ビールを飲みながら本を読む。しかも、平日に。

そんな妄想は、どうも私の手に入りそうもありません。

やっていていやなことではないので、私自身も会社での仕事を楽しんでいて、ローンもしっかり残っていますので、その仕事でお金が入るのなら、おおいに結構。

平日に休みを取れるのなら、その前の夜は酒を飲み、ジャズヴォーカルでも聞く。そんなことも考えたのですが、女房はバカ!
深夜までテレビをガンガン。
ジャズヴォーカルにふさわしいライティングもそろえたのですが、それを使えるのは、まれ。

定年になり、つまりは、サラリーマン生活はこれでオーヴァーとなった今更いうのはなんですが、私は、本来は、今までやってきた仕事、つまり、営業みたいなネゴ、交渉は向いてない。

時々、歴史の本を読み、能書きをたれ、それでいて、小説に引き込まれ、だれかに語りたいと思いつつ語る相手がいないことに気づき、つまりは、お金にならないことをして日がな過ごす。
それで、決して満足ではないのですが、それが、たぶん私自身のあり方なんでしょう。

こんな簡単なことが、案外できそうでできないところが私の不幸。それほど深刻でなくても、精神が満ち足りないイライラがあります


posted by スローレイン at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。