2015年04月30日

《聖プラクセディス》ヨハネス・フェルメールに帰属

日曜日の日経は書評欄、すべての書は読めないにしても少しでも多くの書を

次いで文化面、4月の私の履歴書はニトリの似鳥社長。これは、久々の大ヒット

さて、福岡先生のコラムへ

科博、コルビュジェ、フェルメール?

何?
フェルメールが東京に?

さっそくインターネットで調べると、記事にも合った通り実にさりげなく
そのさりげなさ、公務員の当り障りのない記述
「ヨハネス・フェルメールに帰属≪聖プラクセディス≫」
http://www.nmwa.go.jp/jp/information/whats-new.html

逆にそのあたりさわりのなさの中にはっきりとフェルメールの名前があるということは、真贋疑問の作品といわれながら、何か本物という確信があるのか?
posted by スローレイン at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィークディに読む本・書籍・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

蒼ざめた馬を見よ

五木寛之の蒼ざめた馬を見よ (文春文庫)
を読みました。

プーチンさんが西側にツッパッているのを称して「新冷戦」と書かれて言われていますが、今の若い人、冷戦ってご存じなのでしょうか?

昔、ソ連という国があり、共産主義という思想があり、一部の人はその思想をもとに革命で成立したソ連という国を美化していました。しかし、ソ連は結構抑圧的な面があり、それがダメだったから崩壊しました。

「蒼ざめた馬を見よ」は、ソ連の時代の言論統制とその結果の国外出版をサスペンス風に描いた小説です。
国外出版される小説の内容がユダヤ人問題で、主人公がモスクワで出会う女性がユダヤ人というと、ヒトラーのホロコーストや東ヨーロッパのポグロムを連想してしまいます。

タイトルは、もちろんヨハネの黙示録からです。

昭和41(1966)年に発表された作品ですが、1966年は、戦争が終わってまだ21年しかたっていない時代です。終戦の時20歳であれば、まだ41歳、真珠湾からでも46歳です。当時のソビエト共産党書記長はブレジネフ、そのブレジネフは、2年後の1968年に当時のチェコスロヴァキアのプラハの春を弾圧し、戦車で抹殺します。私も頭の奥に、新聞の一面に戦車の写真が掲載されていたことをかすかに記憶しています。今の時代の、テロリズムと違って、一触即発で世界的な戦争が起こる気配が誰にでも感じられる時代でした。

その戦争の記憶は、ユダヤ人問題の小説の国外出版、出会った女性がユダヤ人、小説を書いた大作家の身代わりがポーランド人とくれば、多少歴史に関心のある人なら、1939年9月のヒトラーのポーランドへの電撃戦、1941年6月のバルバロッサ発動、虐殺収容所・・・などを思い浮かべざるを得なく、いつそれが再発するか、を思わざるを得ない時代でした。

それにしても、主人公が新聞記者で、労働運動に燃えた団塊ちょい前くらいの世代。モスクワで出会う女性、それも、クールビューティと関係をもつなんて、五木さんの主人公は、やはりかっこよすぎる。

21世紀の主人公は、永遠のゼロの半分プータロー。その姉貴が結構しそうな男は、エコロジスト。マスコミで働く姉貴の好きな男性は歴史意識からでなく今の大衆受けしそうでマスコミ的な発想から抜けられない男性。結局のところ主体性、アイデンティティを確立しそうのは、主人公の姉貴である女性。

20世紀の男性は、自分が望む望まないにかかわらずかっこよく生きるしかなかったのです。これは、時代が男に対しそう生きることを求めたからとしか言いようがありません。

蒼ざめた馬
20世紀には、五木さんの主人公がいて、ボガートがいて、ダーティ・ハリーがいて、ジェイムズ・ボンドがいて、ドプチェクがいて、イヴ・モンタンがいて、ケネディがいて、・・・

女性の立場からすると、20世紀は、自らを否定してでもついていっていい男がいた時代でした。21世紀は、女性自身が主人公です。男を選ぶのは自分自身で、男に選ばれるのではありません。

この21世紀に男は主人公になれません。男はかっこいい存在としては望まれていないのです。

蒼ざめた馬、
結局のところ、訪れたのは、20世紀にいた”男”のところだったのかもしれません
posted by スローレイン at 00:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 週末・休日に読む本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。