2016年08月30日

予想外の結果

私の前のご家族が診察室から出てきてしばらくすると私の名前が呼ばれました。

今までの流れからすると肺がんであることは確実で、
問題は、
どのような種類の肺がんか?
転移はあるのかあればどこの臓器にどの程度か?
進行の度合いはどのくらいか?
手術は可能か?不可能なら治療法は放射線か?抗がん剤か?

たぶん前回の診察の時の話の雰囲気からすると、まずは、入院して手術。

頭の中をそんなことどもが駆け巡りながら診察室に入ります。
今日こそ確定的な診断が出ることが予想できましたので、私自身は、結構緊張していました。

私の予想では、今までの検査の結果をてきぱきと説明し、結果としてこういう方法で治療にかかります。入院については、看護師の方から説明があります。などなどと言ったセリフが医師の口から出ることを予想していたのですが、医師の態度がちょっと妙です。前回の診察の時は、かなりピリピリした感じだったのに、今回は妙に穏やかです。

ほとんどいきなり言われた記憶があるのですが、
「影がほとんど消えています。糸のような状態です。」

「えっ!?えっ!?」
と、話が呑み込めない私。

「おとといの造影CTの写真です。」
と、医師が、写真を見せてくれると、3センチ以上あった影がまるで見えない。
「ペットCTでも光っていませんでした。あの大きさがあり、がんであればまずペットCTでは光るんですけど・・・」

実は、この日の医師との会話は、断片的にしか記憶にありません。予想と180度逆の結果を知らされ、そのギャップの大きさが私の頭脳では処理しきれなかったという感じがあります。



posted by スローレイン at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

希望と絶望の入り混じる時間

造影CTの翌々日が担当医師の診断の日でした。

実は、この専門病院で医師と直接会うのは、これが2回目でした。
初診の時、私のCT画像を見て結構厳しい顔で今後の予定を説明し、その後、提携クリニックでの検査、この病院での検査と診断のためのネタ集めで大体3週間くらい。これでやっと正確な病状が把握でき治療が始まる。あいまいで不安定な状況とも今日でおさらば。ここに入院すれば、今年の東京湾の花火は病室から見られるのかな。保険会社への申請書類も持ったし、結論がはっきりしたら、さっそく医者に記入してもらおう。

私は決して腹の座った人間ではないのですが、良きにつけ悪しきにつけ中途半端であいまいというのは困る。
病気なら治療する、治療に多くのお金がかかるなら保険などで対応しなくてはならない、診断の結果どの程度働けるか働けないか会社とも相談しなくてはならない、などなど、確定診断が出ないと進むに進めないことが多い。

んで、いよいよ診察です。

この病院は、予約の際時間を指定され、あまり待たされずに診察や検査が行われます。もちろん、前の人の話が長引けば予定より遅れての診察となるのですが、私の記憶では、それほど遅れた印象はありません。
院内専用のPHSを持たされ、受付後しばらくは一般の待合場所で待機、その後PHSで呼び出され、中待合室で待機、それから医師に呼ばれ診察室へという流れでした。

この日、診察時刻は午前中、一般待合室から中待合室に行く時間は大体予定通り、しかし、私の前の人の話が結構長引いている。詳しい内容は、聞こえてこないのですが、どうやら患者さんは年配の男性、一緒に来て医師と話しをしているのは男性の奥さんとご子息の様子。医師とはそこそこ付き合いも長く、かすかに聞こえてくる話の様子から、手術をしてその後の治療方針の説明とか、手術ではないけど治療をして結果がいいのでこれからどうするのかとか、内容はわからないのですが、患者本人や家族と医師との信頼関係ができていて、病状も悪くない印象でした。

経験のある方々ですとお分かりでしょうが、中待合室に呼ばれ、次の診察は俺の番、となると結構耳がダンボになります。実際には、個人情報やプライバシーの関係で話がその内容まで聞こえてくることはないのですが、かすかに漏れてくる特にご家族の質問の声、医師が協調するときの声、笑い声、わずかに耳が感じられる口調。
そして、診察室から出てくる患者と家族の様子。医師の説明に納得し、皆明るい表情で、これでよかったと話様子や逆に納得する人とそうでない人が混じり、不満や不安を顔に出す患者らしき人に説得といった言葉をかけるかぞくなど。

中待合室にいる時間はわずかなものでしかありませんが、神経が研ぎ澄まされ、紙一重の違いで希望と絶望の入り混じる時間です。
posted by スローレイン at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

造影CT検査

ペットCTから5日ほどで、造影CT検査を受けました。

造影CT検査とは、静脈の中に「造影剤」を投与してより正確な情報を得る検査です。

と言っても、私自身、通常のCTと造影CTとのきちんとした違いは判りませんので、これも信頼できるところへリンクを張るようにしましょう。

検査自体は、通常のCTと大きな違いはないのですが、撮影の前に文字通りの造影剤を静脈に注射します。この造影剤は、腎臓を通じておしっこの中に排出されるとのことで、腎機能に障害がある場合は使用できないとのことです。

病院へ行くとこうした副作用、合併症、事故の可能性などの説明が文書化されていて、医師や技師による口頭での説明の後、同意書に署名を求められることが結構あります。説明を受けても正直なところやめた方がいいのかまでは自分では判断できないので結局は同意書に署名しての検査を受けるしかない。

さて、このCT撮影ですが、病院からの予定書を見ると「緊急」とか「臨時」とかの文字が見られます。専門病院初診の時「1か月後くらいには手術」に近いことを言われていましたので、MRI、ペットCTときて造影CTで診断を確定し、治療、たぶん手術という流れのための最終検査だったのかもしれません。
ラベル:造影CT
posted by スローレイン at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

PET/CT:ペット/シーティーと読みます。

脳のMRI検査から1日おいて翌々日にPET/CT検査を受けました。

PET/CT:ペット/シーティーと読みます。
専門病院初診の時医師からこの検査を指示されましたが、私には初めて聞く検査名でした。医師も「ご存じですか?」と確認したことを記憶していますので、私や女房の顔にいかにも知らないという表情が現れたのかもしれません。

この検査が一般の人たちにどのくらい知名度があるのか知りませんが、周囲にこの検査を受けたことを伝えると、がんに関係ない人たちは、「それって何?」の世界なのですが、反面自分や家族ががんの検査を受けたり治療中の人たちは、そこまでけんさしたの!とか、うちの場合は・・・などとかなり積極的というか具体的というか妙な共感をもった反応が返ってくるので、まだこの検査は変な言い方ですがマニアックな部類に入るのかもしれません。検査費用自体もかなり高価ですし、保険の適用に関しても縛りがあるようです。

詳しくは、どこか信頼できるサイトへのリンクを張るようにしましょう。

先日、ご家族がステージ4のガンを治療中の方とお話しました。
私が「ペットCTでもどこも光りませんでした」というと
「うちは、あちこち光っていましたよ」
との返答。

ちょっと話がペットからずれてしまいますが、私がお会いしたステージ4のご家族、ご自身もおっしゃっていましたが、
「うちなんて、10年前だったらもう生きていないですよ。抗がん剤の後は体調不良で無理ですけど。仕事にも行っているんですよ。」
とのこと。

現在、新聞やテレビ、ネットなどでも伝えられていますが、がんの検査や治療はかなりの改善が見られます。私がお会いした方のご家族のようにステージ4であれば以前なら「末期がん」です。実際、周囲の人たちもそういう言い方をしていました。でも実際にお話しを伺っているとお仕事にも行っている。

10年前の末期は今なら治るあるいは悪化しない。

だんだんずれがひどくなりそうなので、今日はここまで


posted by スローレイン at 00:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。