2014年06月02日

年金請求手続き

私の前世は、昆虫だったのではないかと思います。

ニュースでは、熱中症頻発で、猛暑日をまるで悪のように伝えていますが、猛暑日、私は大歓迎です。午前中は、朝日を浴び、東側のベランダの清掃とベランダ菜園の手入れ。
東側が一区切りすると、西のベランダ。半分掃除を済ませ、ランチ。
一休みして、冬物の衣類をクリーニング屋に持っていき、帰ると、西日が差しこむというより、西日で焼かれるベランダの清掃の続き。もう車に乗ることもないやってことで、ビールで喉を潤し、ひたすらバケツの水で古タオルをゆすぎ清掃。

寒々と北風にさらされる季節には決して味わえない私の楽しみです。

月日の流れというものは、人間として生まれた以上避けがたいもので、私も年金の受給手続きをする年齢となりました。この手続きのことは、別の機会にでも詳しく書きたいと思っています。

その、年金をもらう年齢になって何を思うか?
日曜日の日経に、実にいい文章が載っていました。

「今川焼」

高校の時、昔の木造校舎の廊下の角を曲がった時、突然出会い、声もかけられずに、下を向き通り過ぎたあの少女。

PS.
年金請求手続き、個人的な体験ですが、は、こちらから



ラベル:年金
posted by スローレイン at 00:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても参考になりました。他の記事も拝見させていただこうと思います。
Posted by 増田幸治 at 2014年06月10日 06:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック