2016年06月25日

禁煙継続

気管支鏡検査は担当医の若いドクターが実施しました。

検査の結果は、退院の日告げられず、数日後の来院の時きちんと説明がある流れでした。
私としては、直接肺の中を見たのだから、結果はすぐわかるものと予想していたので、医者の腕に不信感持ったり、わかっているならはっきり言ってよ、とでもいうようなもやもや感を持ったりで、入院した割にはっきり感は最低でした。

退院の日、担当医が回診に来て言ったことの一つは、
「禁煙だけは、守ってくださいね」
でした。
「タバコを吸っている人を手術に回すと、手術医に怒られちゃうんですよ」

どうも、喫煙者の手術は、面倒らしい。
どのように面倒なのかはわかりませんが、専門病院でも、たばこは手術前それなりの期間やめておくよう言われました。

結果、禁煙です。
しかも、ほとんど1年が経過しようとしている今も禁煙継続。

私は、最終的に肺の異常が消失。咳をはじめとした自覚症状も消失。
したがって、喫煙を再開したければすればいいのですが、ヤメ。

ほとんど半世紀に及ぶ喫煙歴。
その間、禁煙日は、1日も無い(たぶん)。何度、禁煙にトライしたか?何度、自分の意志の弱さを嘆いたか?

それが、あっけなく禁煙。しかも、継続している。
強い意志などではないの確実です。今でも、たばこはふつうに吸いたい。
ただ、吸わなくてもいいや。

なんとも、いい加減で、意志が弱いのが結果として、吸わない理由になっているような面がある。
ラベル:禁煙
posted by スローレイン at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック