2016年07月05日

がんの専門病院予約

気管支鏡検査の結果は、退院から数日後、担当医の上司から告げられました。

私としては、手術に支障があるので禁煙を継続してくれなどと言われていたので、はっきりと「肺癌」と宣告されることを覚悟していたのですが、結果は「不明」

がんだとすると転移の可能性はあるかとのこちらからの問に
「私は、呼吸器内科医であり、呼吸器外科でないのでわからない」
との返答

わからないのなら、しばらく様子を見るというオプションはどうかとの問いに、
「それだけは勧められない」

そもそものはじめの話を繰り返すと、肺に大きな影がある。
はっきりとは言わないけど、がんの疑い濃厚。
各種検査。
結果は、いずれも異常なし。
では、影は何か?

この病院では、不明という結論しか出ない。

結果を聞くため同席していた女房の方がほとんど切れて
「じゃ、別の病院を受診しますので、紹介状を書いてください」
「OK」

紹介状と検査結果のCDを受け取り帰宅。
さっそくがんの専門病院のウェブサイトを見る。
受診までに時間がかかりそうな印象がありましたがとりあえず電話、事情を説明し、紹介状もあることを説明。
翌々日、受診可能とのこと。もちろん、予約。
ラベル:紹介状
posted by スローレイン at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック