2016年07月25日

がん専門病院の診断と指示

専門病院の担当医師は呼吸器外科の若い医師でした。

若くても結構切れ者といった感じの医師で、最初の病院の検査結果のデータでは不十分な点やその範囲で言える所見をかなりクールにはっきりと説明します。がんとはっきりとは診断しないのですが、方向としては、手術です。実施時期は、約1か月後。

手術のための詳しいデータをとるため、ペットCTと脳のMRI測定の指示。これは、この病院でもできるが現在満員のため提携クリニックでの診断を指示されます。

診断の最後に肺癌の手術を受ける人のためのパンフレットを渡され、読んでおくよう言われました。

この病院でのこの日の検査には、血液や尿といったいわば定番の検査に加え、手術に耐えられる体力があるか確認するための負荷心電図測定も行いました。

ネットなどでこの病院の評判を見ますと、治療に関する評価は極めて高い。反面、患者や家族への説明に関してははっきり言うのできついという評価も見られました。

私個人としては、がんとはっきり宣告されなくても、それを想定し適切な対応を早くとる。私に対する説明もわかった範囲できわめて明確。診察後の予定やそのための指示も明確。そうした点でこの病院受診は正解でした。
ラベル:ペットCT 脳のMRI
posted by スローレイン at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック