2016年07月27日

早く帰ってビールを飲もう

専門病院の医師から指示を受けた最初の検査は、脳のMRI撮影でした。

私にとっては初めてのMRIです。
そういえば、最初の病院でのCTも初めての体験でした。

胸部のレントゲン撮影や胃のバリウム検査や内視鏡検査は経験していましたし、その程度の検査は「普通」の検査です。しかし、CTとかMRIなどは、「普通」と言えるレベルではなく、より「詳細」で、別の言い方をすれば体の状態が「やばい」ゆえに「詳細」に検査して、専門的な治療にかかる。そのための指針を得るための検査という認識がありました。

さて、そのMRIですが、なにせ頭の検査ですので、筒のような機械の中に頭を入れる。
これは、機械を前にして想像すると怖い!
実際に、頭が少しずつ筒の中に入り周囲が見えなくなると不安というより怖い感じが、最初だけですが、します。

そして、検査が始まると、がんがんとかかんかんとかいう音が聞こえる。
これも、はじめは、不快ですが、時間がたつと単調さ故に眠くなってくる。

検査の日は、7月の21日で実に暑い日でした。

検査結果については、専門病院提携クリニックでは何も知らされませんでした。

私は暑い季節が好きです。
この日、脳の検査ということもあったのですが、クリニックを出る、暑い空気に触れる、これを認識できるのはもしかすると短い。猛暑の午後自分の足で歩くことができるのも今年が最後かも。

早く帰ってビールを飲もう
posted by スローレイン at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック