2016年08月30日

予想外の結果

私の前のご家族が診察室から出てきてしばらくすると私の名前が呼ばれました。

今までの流れからすると肺がんであることは確実で、
問題は、
どのような種類の肺がんか?
転移はあるのかあればどこの臓器にどの程度か?
進行の度合いはどのくらいか?
手術は可能か?不可能なら治療法は放射線か?抗がん剤か?

たぶん前回の診察の時の話の雰囲気からすると、まずは、入院して手術。

頭の中をそんなことどもが駆け巡りながら診察室に入ります。
今日こそ確定的な診断が出ることが予想できましたので、私自身は、結構緊張していました。

私の予想では、今までの検査の結果をてきぱきと説明し、結果としてこういう方法で治療にかかります。入院については、看護師の方から説明があります。などなどと言ったセリフが医師の口から出ることを予想していたのですが、医師の態度がちょっと妙です。前回の診察の時は、かなりピリピリした感じだったのに、今回は妙に穏やかです。

ほとんどいきなり言われた記憶があるのですが、
「影がほとんど消えています。糸のような状態です。」

「えっ!?えっ!?」
と、話が呑み込めない私。

「おとといの造影CTの写真です。」
と、医師が、写真を見せてくれると、3センチ以上あった影がまるで見えない。
「ペットCTでも光っていませんでした。あの大きさがあり、がんであればまずペットCTでは光るんですけど・・・」

実は、この日の医師との会話は、断片的にしか記憶にありません。予想と180度逆の結果を知らされ、そのギャップの大きさが私の頭脳では処理しきれなかったという感じがあります。



posted by スローレイン at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。