2015年07月22日

がん

がんの可能性がかなり高い。
posted by スローレイン at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

妄想をディスプレイに表示させるときの道案内人

使っているPCがHPのENVY17LeapMotion
性能、デザインともに気に入っているマシンなのですが、キーボードだけはいただけない。
イルミネートキーボードということはOKです。そもそも最近PCを買うときの条件として、これは欠かせない。
日本のマシンではあまり必要とされていないようですが、テレビの外国のドキュメンタリーや映画を見ると結構キーボードはイルミネートです。
便利なのも確かなのですが、かっこいい!
ただ、Envyのキーボードは、どうもサイズが小さいようですし、打鍵した時の感触がチャチ。

そこで、外付けで使っているのがこれ



私は、Envyに寄っかからせるようにして使っていますが、適度な重さと裏面の滑り止めがしっかりしていてかなり安定して打ち込めます。

仕事でエクセルを使い、数字を分析するときとは違い闇を友とし、妄想をディスプレイに表示させるときの道案内人に光るキーボード
posted by スローレイン at 00:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

失われた時は、得られずともいい

子供が成人したころからでしょうか、頻りに昔の記憶が、よみがえります。

我ながら情けないのですが、その記憶の多くは、切ない映像と、あの時、ああしておけば、その後の人生はこう変わっていたろう。とか、いや、今のかけがえのない存在がいなかったら、今の自分はやっていけないという妙な二律背反で、少し冷静に考えると、それが人生の岐路だったのかもしれない、なんても思うこともあります。

自分の生活の経済的な基盤を考えると、仕事、職業の選択がありますけど、私自身はもともと根本的に霞を食っていければいいというような仙人のような考えの持ち主、よみがえる切ない映像の多くは、少女です。または、若い女性。
まぁ、その少女、若い女性も今存命なら、結構おばぁちゃんと呼ばれる存在でしょうけど、私の記憶の中では、校庭の桜並木の下を歩く少女、髪が長く色白で、私の記憶の中では、若き頃のカトリーヌ・ドヌーヴとしか思えなかった少女、木造校舎の長い廊下の曲がり角で突然出会ったとき、目を伏せ微笑みながら通り過ぎてしまった彼女になぜ声をかけられなかったのか?

大学のころ、冬のはじめではなかったかと思うのですが、夕暮れ時、教授室に行くとき飛び乗ったエレベータで思いがけず乗り合わせ彼女の論文のテーマは、ローザ・ルクセンブルクとのことでした。ローザのことなど名前くらいしか知らなかった私は、俗っぽいバイトの話に移り、
「仕事、どう?」
「大したことない。だけど、男どものお守りが面倒だわ」
彼女は、私とは別のフロアで降り、その後出会うことはありませんでした。
メールも携帯もない時代の話です。彼女は、その後授業にも出席することもなくなり、論文を提出したのか否かも定かではありません。

色白の少女にとまっどった高校の校舎も今は建て替えられ、かっての面影はありません。

大学の校舎は当時、崩壊の恐れありくらいの張り紙があったくらいでしたが、その校舎も今では、見違える近代建築。ここも昔日のイメージとは程遠い。

心の持ちようを左右しただろう人生の岐路の記憶、これは本来なら、今の自分の生活状況を考えると、優先順位は高くないのかもしれないのですが、常に打ち寄せる波のように繰り返し繰り返し、ふとした瞬間に頭の奥からよみがえり、あの時ああしておけば別に人生があったのにという悔恨と、逆説的なのですが、ああしなかったからこそ、かけがえのないい存在がいてくれるのだという確信を持たせてくれます。

ラベル:昭和
posted by スローレイン at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

失業評論 更新

まだ、作りかけなのですが、ホームページを更新してしまいました。

失業評論

年金請求の体験のことを書いてみました。

それと、最後に残った上野下アパートメントの写真がありましたので、それも掲載しました。

今の高齢者、それとこれからの高齢者に共感されるサイトにしていきたいですね
posted by スローレイン at 00:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

ホームページ更新したい

だいぶ前から自分のホームページを更新しようと思っていました。
今まで、ドリームウィーバーを使っていたのですが、如何せん私のデザイン能力の低さ、これはプログラムがいかに良くてもどうしようもない。

そこで、今まではあまり使わなかったテンプレートを使っちゃえと思いBIND7

を選びました。

プログラムはとりあえず買ったのですが、PCの状態がいまいち安定しない。
そこで、会社に交渉して、パソコンも新しく買いました。
HP ENVY 17-j100 Leap Motionです。

実は、先日まで使っていたPCもエンヴィーで、3〜4年前に買った時から不安定で、だましだまし使っていた経験があったため別の機種も検討したのですが、デザインで買ってしまいました。
まぁ、決めてがデザインということだけで、PCとしてのパフォーマンスももちろん良い。

さてさて、準備は整いました。
近いうちに更新作業開始




posted by スローレイン at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

深夜まで、テレビをガンガン

定年になり、給料は激減です。

と、言いながら、今の会社で、私のやっているようなことができる人間はいません。
その結果、名目上は激減なのですが、実際の手取りは、現在と同じになるよう調整。

年を取ったら、週5日も働くのをよして、夏はベランダの植物を見て過ごし、冬は読書。夏でも、たそがれ時には、ベランダにチェアをだし、ビールを飲みながら本を読む。しかも、平日に。

そんな妄想は、どうも私の手に入りそうもありません。

やっていていやなことではないので、私自身も会社での仕事を楽しんでいて、ローンもしっかり残っていますので、その仕事でお金が入るのなら、おおいに結構。

平日に休みを取れるのなら、その前の夜は酒を飲み、ジャズヴォーカルでも聞く。そんなことも考えたのですが、女房はバカ!
深夜までテレビをガンガン。
ジャズヴォーカルにふさわしいライティングもそろえたのですが、それを使えるのは、まれ。

定年になり、つまりは、サラリーマン生活はこれでオーヴァーとなった今更いうのはなんですが、私は、本来は、今までやってきた仕事、つまり、営業みたいなネゴ、交渉は向いてない。

時々、歴史の本を読み、能書きをたれ、それでいて、小説に引き込まれ、だれかに語りたいと思いつつ語る相手がいないことに気づき、つまりは、お金にならないことをして日がな過ごす。
それで、決して満足ではないのですが、それが、たぶん私自身のあり方なんでしょう。

こんな簡単なことが、案外できそうでできないところが私の不幸。それほど深刻でなくても、精神が満ち足りないイライラがあります


posted by スローレイン at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

年金請求手続き

私の前世は、昆虫だったのではないかと思います。

ニュースでは、熱中症頻発で、猛暑日をまるで悪のように伝えていますが、猛暑日、私は大歓迎です。午前中は、朝日を浴び、東側のベランダの清掃とベランダ菜園の手入れ。
東側が一区切りすると、西のベランダ。半分掃除を済ませ、ランチ。
一休みして、冬物の衣類をクリーニング屋に持っていき、帰ると、西日が差しこむというより、西日で焼かれるベランダの清掃の続き。もう車に乗ることもないやってことで、ビールで喉を潤し、ひたすらバケツの水で古タオルをゆすぎ清掃。

寒々と北風にさらされる季節には決して味わえない私の楽しみです。

月日の流れというものは、人間として生まれた以上避けがたいもので、私も年金の受給手続きをする年齢となりました。この手続きのことは、別の機会にでも詳しく書きたいと思っています。

その、年金をもらう年齢になって何を思うか?
日曜日の日経に、実にいい文章が載っていました。

「今川焼」

高校の時、昔の木造校舎の廊下の角を曲がった時、突然出会い、声もかけられずに、下を向き通り過ぎたあの少女。

PS.
年金請求手続き、個人的な体験ですが、は、こちらから



ラベル:年金
posted by スローレイン at 00:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

サヴァ・サヴィアン

年度末から年度初めの今にかけて、お客の事務方とのやり取りが増えています。
もちろん、相手と会うときは、仕事の話が第一なのですが、お客の側の事務方のトップが、私と同じ年齢で、ひとしきり仕事の話が済むと、子供の就職の話とか、トップとの付き合いとか、時間的には、雑談の方が話が盛り上がります。

その方は、郊外の農家の長男で、現在の仕事に就く前は、金融機関に勤務していた方です。
当然、現在でも収入は、少なくとも私の倍。
正式に退職すれば退職金もしっかり入り、年金も相当なものです。
私から見れば、実にうらやましい人生を送ってきた方です。



posted by スローレイン at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

収入減少

私の勤める会社の定年は、60歳です。
巳年の私は昨年定年を迎え、一応退職。雇用は継続で、給料も一応は今まで通り。
しかしながら、業績が悪いとのことで、結構下がっています。転職を何度か繰り返した私としては、年金も期待できないし、会社に退職金制度もないことから、働かざるを得ない状況ですので、まだ、給料が下がることは、相当困る。
その反面、昨年は、会社が行政処分を受け、その対応や一部の社員が自分から降格を申し出たりで仕事は増えるばかりでした。

先日、NHKで「シリーズ日本新生 熟年サバイバル 〜年金減額時代を生きる〜」という番組をやっていました。
出演していた評論家の皆様とは別に、一般人の方が、将来予測や政策的なことよりも、「明日をどうするか」が自分には問題なのだといっていたのに共感しました。

posted by スローレイン at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

かなりリアルな脅威

昨日、安倍総理大臣が消費税の引き上げを決定しました。
いい年齢に来ている私としては、今後の収入の増加も期待できず、一方、食品をはじめとした値上げも報道されると、老後はやばいな、の気分です。

気のせいかもしれませんが、最近、転職広告が増加しているようです。
時代の流れに変化が出てきて、人が動く。ただ、残念ながら、高齢者で、なんのスキルや人脈もない人間には転職を通じた生活レベル向上は、期待薄です。

ただ、負け惜しみと思われるかもしれませんが、世の中ってのは、動く。
それは、個人の小さな動きが社会に反映するのか、上からの決定が社会に反映するのか、なんんともいえない感じがします。

そんな社会の動きに対して、流されるか、それとも、自分の意思でのっていくのか。

今、カミュのペストを読んでいます。40年ぶりくらいです。



読み直してみて、これ、昔の私ではとてもわからなかったな、と思います。

あまり大事なところではないのかもしれませんが、ペスト発生が疑われたとき催される会議。これが、実にあいまいな結論で終わっています。

サラリーマンでなく、学生では、この結論の出し方は、実感としてわからなかったと思います。

こんな個人としての感想のほかに、天災のようにやってくるペスト。
この本が出版された時代であれば、第二次世界大戦。
実際の天災であった阪神や東日本の大震災。
いや、それほど大規模でなくても越谷の竜巻。

カミュは、不条理という哲学的な言葉で紹介されますが、改めて読み、かなりリアルな脅威、これに対してどう対応するか?
posted by スローレイン at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 失業評論 巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。